1. ホーム
  2. ムッシュの引越しコラム
  3. 方法
  4. ≫レンタカーで引越しするときのコツ@失敗しないためにチェック

レンタカーで引越しするときのコツ@失敗しないためにチェック

レンタカーを活用した単身引越しのデメリット・デメリットについては下記の記事で詳しく紹介させて頂きました。そちらで紹介したデメリットを踏まえても、それでも自力で引越しをしたいという方はいらっしゃるはずです。
レンタカーを借りて単身引越しをするメリット・デメリット

自動車
そこで、本ページではレンタカーで引越しをする際に、ぜひ知っておいて欲しい5つポイントを紹介します。業者に頼まないで作業をするという方には参考になるはずですので、よろしければご覧になってください。

レンタカーを活用した引越しの5つのポイント

1.使用する車は軽トラックか2トン車がおすすめ

トラック
引越しで活用する車について、どのサイズの車を使うべきかについてですが、単身引越しの場合にはそれほど大きいトラックを活用する必要はありません。


荷物の少ない方なら軽トラックでも十分ですし、普通の量の荷物がある場合にも2トン車サイズなら大丈夫でしょう。


それに4トン車のようなサイズになると、車幅・車長が大きすぎるため、慣れない人が運転するのは危険です。無理をせずに、軽トラか2トン車を活用するのことをおすすめします。

2.引越しルートは必ず下見をする

下見をする女性
レンタカーを利用して引越しをする方のほとんどは、近距離での移動になるかと思いますが、念のために走るルートを確認するようにしましょう。できれば、引越しをするのと同じ時間帯に走るようにしてください。


そうすれば、道路の混み具合や、移動に必要な時間を予測することができますので、当日のスケジュールを綿密に立てることが可能です。

3.荷物の積み込む順番に気をつける

荷物を積む
業者に依頼する場合には、荷物の積み込み順序をこちら必要はありませんが、自力引越しの場合には積み込みは重要な作業です。


積み込みの順番を間違ってしまうと、全ての荷物が入らない可能性がありますし、運搬中に荷崩れを起こす可能性だってありますからね。では、どのように気をつけるかについてですが、絶対に守って頂きたいのは次の3点です。


■荷物の積み込み時に気をつけること
  • 荷台の両側に大きな家具や家電製品を積む(左右のバランスは均等に)
  • 重たいものほどトラックの奥にのせる
  • ダンボールは重いものを下にして積む

また、荷物の間にすきまがあると、移動中に荷崩れが起こす危険性があります。そのため、隙間があるときには、毛布やタオルで隙間を埋めるようにしましょう。

4.友人への依頼はできるだけ早く

電話
レンタカーで引越しする際に重要なことの1つが、いかに人手を確保するかです。彼らもプライベートの時間を割いて、手伝いをしてくれるわけですから、できるだけ早く手伝いのお願いをするようにしましょう。


なお、作業を手伝ってもらうからには、謝礼を用意するのは忘れないようにしてくださいね。謝礼の額は次の記事で書いたように、学生なら5千円、社会人なら1万円が相場です。

5.当日のスケジュールは余裕を持って立てる

時計
レンタカーの料金は、借りる時間が短ければ短いほど安くなります。そのため、引越しに必要な時間ギリギリ分だけレンタル使用と考えている方もいるはずです。


しかし、余裕のないスケジュールは焦りにつながり、その焦りは事故の原因になります。レンタル料金は高くなりますが、気持ちに余裕を持って引越し作業ができるように、時間は長めに借りておくようにしましょう。


以上がレンタカーで引越しをする際に知っておいて欲しい6つのコツです。


単身引越しとは言え、自力で作業を行うのは決して簡単なことではありません。ですので、紹介した内容を参考にして、余裕を持った計画を立てて進めるようにしてくださいね。

【check!】引越し価格ガイドを実際に利用してみた

引越し価格ガイドの口コミ
無料で使える引越し業者一括見積もりサイト『引越し価格ガイド』を実際に使用した体験談です。どのくらい料金が安くなるのかを詳しく知りたい方はチェック!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.