1. ホーム
  2. ムッシュの引越しコラム
  3. 用意
  4. ≫失敗しない荷造りのコツ@引越し準備を始める前にチェック!

失敗しない荷造りのコツ@引越し準備を始める前にチェック!

引越し作業をサカイやアート引越しセンターのような業者に依頼する場合、荷物の搬出・搬入の作業は基本的に作業員さんにお任せすることになります。余計な手伝いをすると、かえって邪魔になるケースもありますからね。


そのため、私たちが行う引越し準備とメインとなるのは、運び出す荷物の梱包作業です。そして、梱包を始める前に必ず知っておいて欲しいのが、以下で紹介する荷造りの7つのコツです。

荷造り
それらのコツを理解して梱包作業に取り組めば、準備を短時間化することが可能な上に、当日の作業をスムーズに進めることができます。ですので、これから引越し準備をするという方は、ぜひそれらの内容をチェックしてくださいね。

引越しの荷造りの7つのコツ

1.普段使わないもから詰めていく

ワイシャツ
クローゼットに閉まってあるオフシーズンの衣類、押入れの中にある雑誌、DVD、CDなど普段の生活で使用していない物から順番に梱包していくのは、荷造りの基本です。


ついつい目に見える物から、荷造りをしたくなりますが、まずは使わないもから順番に片付けていきましょう。

2.新居ですぐに使うものはまとめて梱包する

洗面器具
お風呂で使用する洗面器具(シャンプー、リンス、石けん、歯ブラシ)、トイレ周りのもの(トイレットペーパー、便座カバー、スリッパ)、食器(はし、皿、コップ)などは引越しをした当日が使用します。


また、他にも荷物を開梱するための道具(カッター、はさみ、ゴミ袋)、衣類(パジャマ、下着)などのアイテムは、すぐに新居でも使わなくてはいけません。


ですので、それらのすぐ使用するアイテム類はまとめてダンボールに入れておくのと便利です。

3.荷物リストを作成する

チェックリスト
荷物を詰めたダンボールには、『通し番号、品名、割れ物の有無、新居での設置場所』の4つの項目を記載して、それらを荷物リスト(ノートやメモ帳で構わない)にまとめるのがおすすめです。


そうしておけば、引越し後に荷物の運び忘れが無いかをすぐにチェックできますし、開梱作業もスムーズに進められます。


なお、荷物リストの作成例については、次の記事で詳しく解説していますので、そちらをご参考にしてください。
【あると便利!】引越しの荷物リストは必ず作ろう

4.重い物は小さなダンボールに詰める

CD
重い物を大きなダンボールに詰めてしますと、重くなるため搬出・搬入作業が面倒になります。そのため、書籍・雑誌・DVDなどの重量があるアイテムは、小さなダンボールにまとめるようにしましょう。一方、衣類やタオルなどの軽いものは、大きなダンボールに詰めるようにします


それから、ひと箱のダンボールの重さの目安は15kg-20kgまでです。それ以上重くなる場合には、別のダンボールを使用するべきです。

5.重い物をダンボールに下に詰める

ダンベル
重い物と軽い物を1つのダンボールにまとめる場合には、重たいものを下に入れるようにします。軽いものを下にすると、運搬中に荷物が破損する危険があります。


また、重たいものが下にないと、運搬中にバランスをくずして危ないですので、荷物を入れる順番にも注意してください。

6.取り出すときのことを考えて梱包する

書籍
洋服タンスやクローゼットにある衣類を梱包する場合には、収納されている順番にダンボールに詰めていくと、新居でタンスに詰めなおすときに非常に便利です。


また、本棚に収納されている書籍や雑誌にも同じことが言えます。そのように、取り出して収納するときのことも頭に入れて、作業を進めていくようにしましょう。

7.荷造りで分からない点は業者の営業担当に相談する

営業電話
「テレビはこちら梱包するべきなのか?それとも業者に任せるべきなのか?」、「机は運び出しやすいようにバラバラにするべきなのか?」など、荷造り中に分からないことはたくさん出てくるはずです。


例えば、上記に紹介したような項目については、業者さんや住まいの状況により対応が異なります。ですので、荷造りで分からないことがあったら、すぐに業者の営業担当さんに確認するようにしましょう。


なお、こちらの相談にきちんと回答してくれるかどうかは、次の記事でも紹介したように業者選びの重要なポイントです。
単身引越しで失敗しないための業者選びの4つのポイント


もし、しっかりと回答をしくれないようでしたら、業者を変更することをお勧めします。以下の記事で書いたように『標準引越運送約款』を採用している業者なら、2日前まではキャンセル料金は発生しませんからね。
引越し依頼をやめたら業者にキャンセル料を支払う必要はある?


また、各荷物をどのように梱包するべきかについては、次の記事で解説していますので、そちらもご参考にして頂ければ幸いです。
【保存版】アイテム別に詳しく解説!引越しの荷造りのポイント


以上が荷造りで失敗しないための7つのコツです。いずれも簡単に出来る内容ですので、ぜひそれらを把握した上で梱包作業を進めてくださいね。

【check!】引越し価格ガイドを実際に利用してみた

引越し価格ガイドの口コミ
無料で使える引越し業者一括見積もりサイト『引越し価格ガイド』を実際に使用した体験談です。どのくらい料金が安くなるのかを詳しく知りたい方はチェック!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.