1. ホーム
  2. ムッシュの引越しコラム
  3. 用意
  4. ≫家電製品の使用可能な周波数をチェックしよう@引越し準備

家電製品の使用可能な周波数をチェックしよう@引越し準備

引越しをするときに注意点の1つとして、家電製品の使用周波数が引越し先でも利用できるものかを確認することが挙げられます。というのは、私の家庭に供給される電気の周波数というのは、住んでいる地域によって『50Hz(ヘルツ)』と『60Hz(ヘルツ)』の2つに分かれるんですね。

電柱
具体的に言うと、静岡県の富士川と新潟県の糸魚川をむすんだ線がそれらを分ける境界線になっており、その境界線より西は60Hz、それより東は50Hzとなっています。例えば、境界線の西側の大阪なら60Hz、東側の東京なら50Hzのようにです。


ですから、その境界線を越えて引越しをする場合には、現在使用を考えている家電製品が引越し後もそのまま使用できるのかどうかを事前に確認する必要があるんですね。そうでなければ、せっかく新居へ運んでも全く使えないということも考えられます。


なお、家電製品の周波数対応状況は以下の3つに分けることができます。

  • 50Hzの周波数のみで使える
  • 60Hzの周波数のみで使える
  • 50Hzと60Hzのどちらの周波数でも使える

そして、3つの内のどれに該当するかは取説や製品に貼りつけられているラベルで確認することが可能です。3つの内のどらに該当するか分からない場合には、メーカーのサポート窓口へ確認するようにしましょう。

周波数の影響を受ける家電製品

扇風機
ちなみに、周波数の変化によりどんな家電製品が影響を受けるのかというと、モーターを内蔵したタイプの家電製品です。具体的には、冷蔵庫、扇風機、洗濯機、空気清浄器などが挙げられます。


それらについては、周波数が変わってしまうと、モーターの毎分回転数が変化してしまうので、結果として性能も変わってしまうんですね。ですので、対応周波数が合っているかどうかは、引越し前に取説を見てきちんと確認するようにしましょう。


ただし、最近の多くの家電製品は内部にインバータ回路(直流電力と交流電直を変換するための回路)を内臓しているケースが多く、どちらの周波数でも問題なく使用できるケースがほとんどです。取説に対応周波数が50Hz/60Hzと表示されていれば、どちらの周波数でも活用できます。


ですから、周波数が変わる地域に引っ越すからと言って、必ずしも全ての電化製品を買い替える必要はありませんので、その点も間違えないでくださいね。


また、買い替えるのがもったいという方や、今使用しているものに愛着があり、引越し後もそのまま活用したいという方には、メーカーに部品交換の相談をすることをおすすめです。製品によっては、新しく買うよりもその方が安く済む可能性がありますので。

部品交換

それから、周波数の影響を受ける家電製品以外で、引越しのタイミングで買い替える人が多いアイテムについては、次の記事で詳しく解説しています。そちらも、ご参考になれば幸いです。
引越しのタイミングで新しく買うものリストを作ろう

【check!】引越し価格ガイドを実際に利用してみた

引越し価格ガイドの口コミ
無料で使える引越し業者一括見積もりサイト『引越し価格ガイド』を実際に使用した体験談です。どのくらい料金が安くなるのかを詳しく知りたい方はチェック!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.