1. ホーム
  2. Q&A
  3. 引越し準備
  4. ≫仏滅には引越しをしない方が良い理由はどうして?

仏滅には引越しをしない方が良い理由はどうして?

『仏滅は縁起が悪いから、あまりこの日にはイベントを設定したくないなぁ』、そのように考えるのは決して年配に方だけではありません。若い人の中にも縁起を気にして、仏滅を避ける人は少なくありません。

カレンダー
そのため、引越しや結婚式の大切な門出の日には、仏滅を避けて選ぶ方が多いですからね。しかし、仏滅を嫌がる人のほとんどは、そもそも『仏滅』がどんな日なのかを、きちんと理解していないことも事実です。


最近は特に、仏滅は縁起が悪いというイメージだけが先走りしてしまい、その意味を把握していない方がすごく増えているように感じます。


まず、知っておいて欲しいのは、仏滅というのは、日本の暦で広く使われる暦中(れきちゅう)※で設定されている六曜の1つにすぎないということです。


※ 暦に記載されている吉凶、日時、方位などのことを指します。仏滅や大安などの六曜は、カレンダーの日付の下に書かれることが多い暦中の1つです。


六曜というのは、『先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口』の6種類の曜のことを指します。これが、暦の上では順番に繰り返します。そのため、縁起が悪いと言われている仏滅も、縁起が良いと言われている大安も、6日に1度は必ず巡ってくるんですね。


ですので、1週間に1回か2回は必ず仏滅が巡ってくることになります。そのように、毎週やってくる日のことを、何かをするには最悪の日みたいな位置づけで考えるのは、果たしてどうなのでしょうか?

仏滅はお釈迦さまが無くなった日ではありません

先生
また、『仏滅』という文字から、この日を仏陀(お釈迦さま)が無くなった(入滅)した日だから、縁起がすごく悪いと考えている方が多くいますが、実はそれは大きな間違いです。


実は仏滅に『仏』という実が使われるようになったのは、最近になってからんです。元々は『物滅』という文字を書いていため、お釈迦様は全く関係がありません。


それに、『物滅』と書かれていた頃は、『物が一度滅びて、また新たな物事が始まる日』として、何か物事を始めるには縁起が良い日という解釈をされていたケースもあったくらいなんですよ。


そう考えると、新生活をスタートさせる引越しというイベントを行う日としては、決して悪い日ではありません。むしろ、考え方によっては、ピッタリの日とも言えます。引越しを避けなければいけない理由も特に無いです。


それに仏滅に引越し日を選ぶことには大きなメリットもあります。それは、他の日と比べて、値段が大幅に下がる傾向にあることです。冒頭でも書いたように、特に理由は分からないけれど、仏滅にイベントを避ける方は意外と多くいらっしゃいます。

料金
引越し業者としては、トラックや従業員の稼働状況を落とさないために、多少値段を下げてもお客さんに引越しをしてもらいたんですね。そのため、仏滅の引越し料金は大幅に値下げされやすくなります。


また、他の人が引越しをあまりしたがらないので、作業員さんの当日スケジュールが詰まっておらず、仕事が丁寧になりやすいというのも大きな特徴です。


大安の日なんかは、業者さんは1日何軒も引越し業務が詰まっていますので、作業員さんも急いで作業をしなくてはいけませんからね。そのせいで、丁寧さを欠いてしまう可能性は当然あります。


以上のように、仏滅は何かをスタートするには決して悪い日ではないという解釈ができますし、引越し料金を安くしたいのであればお勧めできる日です。


ですので、引越し料金を下げたい方は業者さんとの見積もり交渉時に、『仏滅でも構わないんで、もう少し料金を安くしてもらえないでしょうか?』と聞いてみてください。大安の日と比較すると、値下げをしてもらいやすくなりますからね。

【check!】引越し価格ガイドを実際に利用してみた

引越し価格ガイドの口コミ
無料で使える引越し業者一括見積もりサイト『引越し価格ガイド』を実際に使用した体験談です。どのくらい料金が安くなるのかを詳しく知りたい方はチェック!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.