1. ホーム
  2. Q&A
  3. 引越し準備
  4. ≫引越しのときにペットの移動はどうすれば良いの?

引越しのときにペットの移動はどうすれば良いの?

引越しのときに気になることの1つが、大切なペットの移動・輸送をどうすれば良いのか?ということでは無いでしょうか?

犬
また、ペットも引越し業者がトラックに乗せて運んでくれると思っている方もいるかもしれないですが、基本的にはそのようなサービスをしてくれません。そのため、あなたが自身がペットを移動させる必要があります。


なお、あなたが新居までの移動を自動車で行うのであれば、そこにペットも同乗させれば良いです。


問題は電車や飛行機を使って移動をする場合です。この場合、乗り物にペットを同乗させることは可能なのでしょうか?また、可能なら料金はどのくらい必要なのでしょうか?


以下では、その点について詳しく解説します。引越しに際して、ペットも移動させなくてはいけないという方は、ぜひ内容を確認しておいてくださいね。

ペットの移動方法

1.電車(鉄道)

電車
電車での移動については、JRを例にしてご紹介します。JR東日本、JR東海、JR西日本に関しては、『小犬、猫、鳩またはこれらに類する小動物(猛獣やヘビ類を除く)』を電車に同乗させることが可能です。


そして、同乗させる際にはペットやあなたが用意した移動用のケースに、ペットを入れて置く必要があります。なお、ケールの大きさについて、どのくらいまで大丈夫かというと、長さが70センチ以内で、縦・横・高さの合計90センチ程度です。そして、重さは10キロ以内となります。


ちなみにペットの持ち込み費用は、無料ではありません。持ちこむためには、手回り品料金として280円が必要です。


なお、ペットを持ち込む際には乗車駅で荷物を見せた上で、普通手回り品の切符を購入するようにしましょう。上記の上限を満たしているのであれば、持ち込みを許可してくれるはずです。

2.飛行機

飛行機
飛行機で移動についてですが、JAL・ANA共に客室への持ち込みは不可となっています。そのため、移動自体はケージに入れて、貨物室に乗せるという形式です。


ちなみに料金についてはANAとJAL共に路線によって異なりますが、国内の区間の場合にはそれぞれ以下の料金です。
  • ANA…6,000円(一部路線4,000円)
  • JAL…3,000円~6,000円(路線により異なる)

なお、ペットをのせる貨物室について、空調効いていますが、必ずしも客室と同じ温度・湿度という訳では無いです。そのため、ペットの体調が不安だという方はご自身で自動車に乗せて移動をした方が良いかもしれません。


また、航空会社によっては、夏の時期に熱中症や呼吸困難を起こしやすい短頭種犬(ブルドッグ、テリア、スパニエル)などを預かってくれないので、飛行機での移動をお考えの方はその点も注意してください。


以上が電車・飛行機を活用したペットの移動についての紹介です。紹介した内容を踏まえて、ペットの移動をどうするかもしっかりと考えるようにしましょう。


※ 今回紹介した情報は本記事執筆時点のものとなります。持ち込みの条件や手回り品料金は、今後変更になる可能性がありますので、詳しくは利用する鉄道会社の公式サイトをご覧頂ければ幸いです。

【check!】引越し価格ガイドを実際に利用してみた

引越し価格ガイドの口コミ
無料で使える引越し業者一括見積もりサイト『引越し価格ガイド』を実際に使用した体験談です。どのくらい料金が安くなるのかを詳しく知りたい方はチェック!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.