1. ホーム
  2. スケジュール
  3. 引越し後にやること
  4. ≫引越しで荷物の破損・紛失があれば3ヶ月以内に賠償請求しよう

引越しで荷物の破損・紛失があれば3ヶ月以内に賠償請求しよう

引越し業者が荷物の運搬に関してはプロフェッショナルですが、作業をするのはあくまでも人間ですから、どんな方にだってミスをする可能性はあります。


そのため、知らず知らずの内に家具や家電製品の運搬中に傷を付けてしまったり、あるいはダンボールに入れていた割れ物を破損させてしまっていたというのはあり得ることです。

荷物
これらの引越し中に傷の内で、大きな家電製品や家具については、損傷個所が見つけやすいため、引越し当日の作業を終える前にチェックできるケースが多いです。


そして、もし傷が付いているのを発見したのなら、次の記事で紹介したように、その場で『事故証明書』を発行してもらうようにしてください。破損個所の修理や弁償をしてもらうためには、その証明書が後から大切になってきますからね。
引越し料金の支払いタイミングと注意する点@事前にチェック!


ただし、引越しを終えてダンボールを開梱した後で、大切な荷物に傷を付いているのを発見することも考えられます。また、運んでもらったはずの荷物が見つからないということも、可能性としてあるはずです。


では、引越し後に荷物の破損や紛失を発見した場合にはどうすれば良いのでしょうか?

荷物の破損・紛失を見つけたらすぐに担当者に連絡

電話
もし、荷物の破損や紛失に気付いたら、すぐに担当者へ連絡をするようにしてください。引越しから3ヶ月以内でしたら、業者に責任を追及することが可能です。


また、なぜ3ヶ月以内かというと、これは国交省の『標準引越約款』で定められているからです。そして、まともな運送業者ならその約款を採用していますので、基本的に3ヶ月以内であれば賠償を求めることができます。


それから、『作業員さんもきっと悪気があったわけじゃないから、賠償請求するなんて気が引ける』と感じる方もいるかもしれません。しかし、普通の引越し業者さんなら必ず保険に入っていますので、破損・傷の賠償については、そこから支払われます。


作業員さんが負担するわけではありません。弁済のための費用を出すのは保険会社ですので、気にせずに担当者へ連絡するようにしましょう。

保険会社のオペレーター
ただし、注意をしなくてはいけないのが、必ずしもあなたが購入した金額の全額が賠償されるとは限らないことです。いくら保証されるかは、保険会社の査定によりますが、家電製品の場合なら定価の3割程度が相場と言われています。


3割程度の金額を弁償されても、新しい製品を買うことは難しいかもしれませんが、泣き寝入りしては1円も返ってきません。ですから、荷物のことで不満があるのなら、必ず3ヶ月以内で業者へ伝えるようにしましょう。

【check!】引越し価格ガイドを実際に利用してみた

引越し価格ガイドの口コミ
無料で使える引越し業者一括見積もりサイト『引越し価格ガイド』を実際に使用した体験談です。どのくらい料金が安くなるのかを詳しく知りたい方はチェック!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.