1. ホーム
  2. スケジュール
  3. 引越し後にやること
  4. ≫自動車の住所変更の登録・手続き方法@引越し後すぐやること

自動車の住所変更の登録・手続き方法@引越し後すぐやること

引越し後に運転免許証の住所変更をしなくてはいけないことは、ほとんどの方が知っているかと思います※。しかし、自動車自体の住所変更をする必要があるのは、意外と知らない方が多いです。

自動車
※ 運転免許証の住所変更の手続き方法については、次の記事で解説していますので、そちらをご参考にしてください。
運転免許証の住所変更の手続き方法@引越し後にすること


実は自動車所有者の住所は、陸運局で登録がされているため、引越をして住所が変更したり、結婚で本籍や姓が変わったときには、申請をしなくてはいけないんですね。


なお、申請までの期間は引越しから15日以内のため、スケジュール的にもそれほど余裕がありません。それに、手続きに必要書類も多いため、自動車の登録変更はできるだけ早く済ませておくことをお勧めします。


それから、引越し後も車の登録住所をせずに、自動車に乗り続けている人もいるようです。しかし、それでは車を売ったり、処分したりする際に面倒なことになりますので、きちんと登録変更は済ませておくべきです。

車を運転する男性
では、自動車登録変更の手続き方法について、以下で詳しく解説をします。必要な書類が多いため、不備が無いかを念入りにチェックをするようにしてくださいね。

自動車の登録変更方法

自動車の登録変更の申請先は新住所地の陸運支局、申請できるのは本人または代理人となります。そして、手続きに必要なものが以下の通りです。


■自動車の登録変更手続きに必要なもの
  • 申請書(OCRシート・第1号様式。陸運局の用紙販売所で入手できます)
  • 手数料納付書(自動車検査登録印紙を添付。陸運局の用紙販売所で入手できます)
  • 変更の事実を証する書面(住民票、住居表示変更通知書、戸籍謄本など)
  • 自動車検査証
  • 印鑑
  • 自動車保管場所証明書(車庫証明※1)
  • 委任状(代理人による申請を行う場合は署名、捺印。本人の場合は不要)

※1 車庫証明は引越し先のものが必要ですので、その手続きを済ませていないと自動車の登録変更ができません。引越しに伴う車庫証明の手続き方法については、別記事で紹介していますのでそちらをご覧ください。


また、別の陸運支局内への引越しであるなら、ナンバープレートの変更が必要ですので、自動車を持っていくようにしましょう。ナンバープレートの変更手数料については、およそ2,000円程度です。

ナンバープレート
それから、今回紹介したのは普通自動車の場合の登録変更手続き方法になります。軽自動車の場合には、管轄が陸運局ではなく、軽自動車検査協会になりるため、申請場所や手続き方法が異なります。


軽自動車の手続き方法については、別記事で詳しく解説していますので、そちらをご参考になるはずです。


なお、自動車の登録変更は人によっては、ナンバーの取り外し・取り付けが必要ですので、非常に時間がかかります。ですので、半日以上のスケジュールを確保できる日を見つけたら、できるだけ早く手続きを済ませるようにしましょう。

【check!】引越し価格ガイドを実際に利用してみた

引越し価格ガイドの口コミ
無料で使える引越し業者一括見積もりサイト『引越し価格ガイド』を実際に使用した体験談です。どのくらい料金が安くなるのかを詳しく知りたい方はチェック!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.