1. ホーム
  2. スケジュール
  3. 引越し後にやること
  4. ≫転入届の手続き方法と必要な書類@引越し後に役所ですること

転入届の手続き方法と必要な書類@引越し後に役所ですること

引越し後は搬入したダンボールの開封や、荷物の片付けなど何かと忙しい日々が続くものです。しかし、荷物の整理・整とんを終えれば、それでやることが終わりというわけではありません。


住所を変更をしたことに伴う、諸々の手続きを済ませる必要があります。その中でも、特に重要なのが役所への『転入届』の提出です

役所
転入届は、新しい住所へ引越してきてから、2週間以内に提出をしなくてはならないという決まりがあります。そのため、のんびりとしていたら、期日を過ぎてしまいますので、引越し作業を終えたらすぐに取り掛かるようにしましょう。


以下では、転入届を提出するための手続き方法を詳しく解説しますので、必要書類や手続き方法を把握したい方は、ぜひご覧になってください。

転入届の手続き方法

まず、転入届を出すために必要となるのが以下のものです。
  • 印鑑
  • 転出証明書※
  • 届出人本人であることが確認できる書類(運転免許証、健康保険証、年金手帳、在留カード、特別永住者証明書など)

※ 転出証明書は、引越し前に住んでいた(旧居の)の役所で発行してくれるものです。転入届の提出にはこれが必要になります。まだ、以前の住所の役所で、転出届を出していないという方は、その手続きを先に済ませましょう。手続き方法については、下記の記事をご覧ください。
転出届けを出す@引越し前に必要な役所の手続き


なお、転入届の提出先と届出人は下記の通りです。
  • 提出先…新住所の市区町村の役所
  • 届出人…本人または世帯主

以上が転出届の手続き方法についての解説です。


ちなみに、引越し後に役所で行う手続きは、転入届の提出だけではありません。単身引越し者の場合には、それ以外にも『国民健康保険の加入』、『国民年金の住所変更』、『印鑑登録』などの手続きが必要です。


役所は基本的に平日しか開いていませんし、何度も手続きのためだけに訪問するのは非常に面倒と言えます。ですので、それらの手続きも、一度にまとめて済ませてしまえば良いでしょう。

書く
なお、それぞれの手続き方法や必要な書類については、下記の記事でまとめて解説していますので、そちらをご参考にして頂ければ幸いです。
引越し後に役所で行う手続き【年金・国民健康保険・印鑑登録】


それから、冒頭でも書いたように転入届の提出期限は、引越しを当日から14日以内(2週間)になります。2週間なんて、すぐに過ぎてしまいますので、仕事や学業で忙しいかとは思いますが、できるだけ早く手続きを済ませるようにしてくださいね。

【check!】引越し価格ガイドを実際に利用してみた

引越し価格ガイドの口コミ
無料で使える引越し業者一括見積もりサイト『引越し価格ガイド』を実際に使用した体験談です。どのくらい料金が安くなるのかを詳しく知りたい方はチェック!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.