1. ホーム
  2. スケジュール
  3. 前日までの準備
  4. ≫引越し前にしておきたい新居の掃除のポイント!

引越し前にしておきたい新居の掃除のポイント!

ハウスクリーニングやリフォームを終えていると言えども、完全に新築で無いのならば、引越し前に掃除をしておいた方が良いでしょう。そうでなければ、少なからず人が住んでいた痕跡を感じますからね。

掃除道具
また、エアコンの取り換え工事や壁紙・フローリングの貼り替えが済んでいる場合には、それらの作業によって出たホコリやゴミが残されているケースも多いです。さすがに、そんな状態で新生活をスタートしては、なんだから気持ちが滅入ってしまいます。


それに、大型の家具や家電製品を設置してしまうと、掃除自体が困難になるため、引越し前のタイミングは部屋全体を綺麗にするためのチャンスです。ですので、できるだけ引越し直前に新居の掃除を済ませておくことをおすすめします。


部屋に物が何も無い状態であれば、短時間で部屋の隅々まで掃除ができるため、時間的な負担もほとん無いです。また、部屋綺麗に使えば退去時に敷金が戻りやすいという金銭的なメリットもあります。


以上のように、新居の掃除を事前にしておくことには、良い面がたくさんあるんですね。


そこで、以下では引越し前の新居の掃除のポイントを紹介させて頂きます。いずれも簡単にできる内容ですので、ぜひチェックしてみてくださいね。


なお、新居の掃除をする場合には水道を使えたが方が便利ですので、事前に水道局に対して使用開始のお願いをしておくようにしましょう。

各場所の掃除のポイント

1.床・壁・天井

フローリング
部屋の隅や壁は部屋を置いた後は掃除がしずらいため、今の内にキレイにしておきましょう。床についてはほうきで掃いたあとに、よく絞った濡れ雑巾でふき、最後に別の雑巾で乾拭きをすれば完了です。


なお、ほうきで掃く前には羽根ばたきを活用して、天井や壁のほこりやゴミをしっかりと落としておきましょう。

あると便利なもの…羽根ばたき、ほうき、ちりとり


2.お風呂・トイレ・ユニットバス

お風呂
お風呂やトイレについても、毎日使うものですから、事前に掃除をしておくことをお勧めします。このとき、特に念入りに掃除をして頂きたいのが、お風呂(ユニットバス)の排水溝の部分です。


もしかしたら、排水溝の部分に前に利用していた人の髪やゴミを残っている可能性もありますので。そのような状態で、気持ち良い新生活ができるはずがありませんので、排水溝部分は歯ブラシを活用して、しっかりと綺麗にしておきましょう。

あると便利なもの…歯ブラシ、バススポンジ、お風呂用洗剤、トイレ用洗剤、トイレ用ブラシ


3.キッチン

台所
キッチンシンクはその周辺部分は台所用スポンジと濡れタオルを活用して、汚れを落としていきしょう。なお、このタイミングでレンジガードや換気扇の汚れ防止フィルターを取り付けておけば、生活をはじめてからが非常に便利ですからね。


それらがあるだけで、台所や換気扇の掃除がとても楽になりますからね。ぜひ、このタイミングで設置をしておきましょう。

あると便利なもの…レンジガード、汚れ防止フィルター、台所スポンジ、タオル(きれいな雑巾)、ゴム手袋


4.防虫対策

バルサン
生活を始める前にスモークタイプの害虫駆除用のスモークを炊いておくことをお勧めします。商品名で言えば、アースレッドやバルサンのような商品ですね。


それらは家具を置いてからでは、活用することが難しくなりますので、引越し前のこのタイミングで活用しておくのが良いです。たとえゴキブリが見えなくても、その卵がある可能性もあるので、今の内に駆除をしておきましょう。

あると便利なもの…害虫駆除スモーク(アースレッド、バルサンなど)


以上が新居の掃除のポイントです。


なお、掃除をしていてフローリングや壁の傷などが気になった場合には、必ずや写真や動画で残しておくようにしてください。そうすれば、退去するとき、身に覚えの無い傷について修繕費用を請求されても、それは元々あった傷だと抗議することができますからね。


気になった箇所の写真を撮影するくらいなら、5分もあれば可能ですので、後々のトラブルを避けるためにも実施しておきましょう。

【check!】引越し価格ガイドを実際に利用してみた

引越し価格ガイドの口コミ
無料で使える引越し業者一括見積もりサイト『引越し価格ガイド』を実際に使用した体験談です。どのくらい料金が安くなるのかを詳しく知りたい方はチェック!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.