1. ホーム
  2. スケジュール
  3. 1ヶ月前までの準備
  4. ≫引越しが決まったら持家の処分方法を考えよう【売る?貸す?】

引越しが決まったら持家の処分方法を考えよう【売る?貸す?】

これから引越しをする方の中には、現在の住まいが賃貸では無く持家という方も多くいらっしゃるはずです。


一生そこに住むつもりでマンションや一戸建てを購入したとしても、転勤や仕事の都合で、どうしても引越さなくてはいけないケースは、誰にだって起こり得ますからね。

持家
賃貸物件に住んでいる場合には、次の記事でも紹介したように、家主や管理会社へ連絡すればそれで退去の手続きはほぼ完了です。あとは、掃除をしてカギを引き渡すくらいでしょう。
引越しが決まったら家主へのすぐに連絡をしよう


しかし、あなたの持家の場合はそうはいきません。その家を今後どのように扱うのを、きちんと決める必要があります。そして、その具体的には以下で紹介する3つの方法のいずれかです。

住まなくなった持家の処理方法

1.売却する

持家の売却
家を持ち続けることで発生する『固定資産税』や『修繕費用』が必要ありませんので、身軽になりたい方にはおすすめの方法です。


ただし、ローンの残債が売却価格を超える場合には、金銭的にはマイナスになりますので、持家がいくらで売れるのか、ローンの残りはいくらなのかを事前に把握するようにしましょう。


なお、『イエイ』のような不動産のオンライン見積もりサイトを活用すれば、必要項目をオンライン上で入力すれば、すぐにあなたの持家の査定ができます。

イエイ
利用料は無料ですので、売却価格を知りたいという方には、便利なサイトです。

⇒ イエイはこちら

※ 150万人以上の利用実績がある老舗の不動産査定サイトになります

2.賃貸にする

持家を賃貸にする
次の考えられる方法が賃貸物件として、人に貸し出す方法です。これなら、ローンがあっても家賃収入でその分を返済に充てられます。


ただし、賃貸物件として借りてもらうためには、壁紙の張り替えやクリーニングが必要です。また、古い家の場合にはリフォームも必要です。その費用をかけても、賃貸収入で回収の見込みがあるならやる価値はあるでしょう。


しかし、注意しなくてはいけいないのが、人に貸し出すということによって、あなたの持家が経年劣化するということです。それに、物件としても価値が下がる可能性は当然ありますし、賃貸収入を得ると確定申告などの税務上の手続きも必要です。


『賃貸なんて管理会社に任せればOK』と考えている方が多いようですが、そんな簡単な話ではありません。あなたが賃貸物件のオーナーになるわけですから、それに伴う責任は負わなくてはいけないです。


その点も踏まえて、本当に賃貸で貸し出すことにメリットがあるのかどうかを判断してください。

3.空家にしておく

家
最後の手段は、空家にしてそのまま放置しておくことです。ただし、人が住まない家というのは、通気・換気ができないため、湿気の影響で非常に痛みやすくなります。また、水道管も使用しないでいると内部にサビが発生する可能性が高いです。


ですから、定期的に(2週間から1ヶ月に1回)換気、通水、清掃ができないのであれば、空家として放置することはおすすめできません。


どうしても、売却も賃貸もしたくないという方は、家族や友人あるいは空家管理サービスに依頼して、定期的にそれらの作業をお願いするようにしましょう。


例えば、大東建物管理が提供している空家管理サービスでしたら、1ヶ月あたり1万円で空家の換気・簡易清掃・雨漏り確認などの作業を月1回行ってくれます(下記画像を参照)。

大東建物管理の空家管理サービス

以上が持家の処理方法として挙げられる3つの方法です。


なお、それら3つの方法の内で、多くの方が選択するのが『売却』という手段です。ただし、持家を売る場合には売却先の業者には注意が必要になります。というのは、買取業者によって値段に大きな差があるからです。


ちなみに、売却価格が低すぎる悪徳業者に引っかからないための方法は、あなたが売る家の相場を把握しておくことです。


なお、文中で紹介した『イエイ』のようなサイトを活用すれば、複数業者から売却価格を提示してもらえますので、およその相場を掴むことができます。そのため、持家の売却相場を知りたいときには、有効に活用してください。

【check!】引越し価格ガイドを実際に利用してみた

引越し価格ガイドの口コミ
無料で使える引越し業者一括見積もりサイト『引越し価格ガイド』を実際に使用した体験談です。どのくらい料金が安くなるのかを詳しく知りたい方はチェック!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.