1. ホーム
  2. スケジュール
  3. 1週間前までの準備
  4. ≫国民健康保険の資格喪失届けを提出@引越しでの役所の手続き

国民健康保険の資格喪失届けを提出@引越しでの役所の手続き

サラリーマンとして会社勤務している方のほとんどが、職場単位で社会保険に加入されているかと思います。


一方、自分で店舗を経営していたり、フリーランスで働いているといった自営業の方や、現在求職中の方のほとんどは『国民健康保険』に加入されているはずです。

自営業
実は、この『国民健康保険』も引越しに際して手続きが必要になってくるんですね。具体的には、引越しをする際には一度『資格喪失』の処理を行わなくてはいけません。


ただし、資格喪失と言っても新居がある市区町村で、また加入手続きをすれば資格は復帰しますので、その点はご安心ください。


ちなみに、国民健康保険の資格停止の手続きができるのは、引越しをする予定日の前後14日以内となります。


勘の良い方はお気づきかもしれませんが、この期間というのは、下記の記事で紹介した『転出届け』や『印鑑登録証の廃止』手続きをすることが可能な期間と同じです。
転出届けを出す@引越し前に必要な役所の手続き

印鑑登録を廃止を忘れずに@引越し前に必要な役所の手続き


それら全てが役所で出来る手続きですので、同じ日にまとめて済ませてしまえば良いでしょう。何回も役所に足を運ぶのは時間がもったいないですからね。


それでは、国民健康保険の資格喪失の手続き方法について、以下で詳しく解説します。

引越しに伴う国民健康保険の資格停止の手続き方法

資格喪失の手続き方法に必要な書類や、届出先をまとめたものが以下となります。
  • 届出先…現在の住まい(旧居)の市区町村役所
  • 届出人…世帯主
  • 届出可能期間…引越しをした日から前後14日以内
  • 必要なもの…印鑑、保険証

※ 転出届と同様、同じ市区町村内の引越しであれば、資格喪失届の提出は不要です。


なお、上述したように国民健康保険の資格喪失の手続きは、どちらも役所で行います。そのため、転出届の提出と同じに日に行えば、時間の短縮になりますので、一度にまとめてそれらの手続きを済ませておくのがおすすめです。

役所
最後に1点だけお伝えしたいことになるのですが、国民健康保険は病院での医療費を負担してもらうために、大変重要なものです。


また、急病になってしまい、救急車で運ばれるときにも、保険証の資格があることを確認できないせいで、病院側から受け入れを拒否されるという話を耳にします。

救急車
つまり、あなたの命を守るためには、保険証はものすごく大切なものです。ですから、届出を忘れてしまい、後から不利益を被ることが無いように、絶対に忘れずに手続きをするようにしてください。


それほど役所が混んでいなければ、他に必要な手続きと併せても数時間で済む内容になりますので、半日もスケジュールを確保しておけば十分ですからね。

【check!】引越し価格ガイドを実際に利用してみた

引越し価格ガイドの口コミ
無料で使える引越し業者一括見積もりサイト『引越し価格ガイド』を実際に使用した体験談です。どのくらい料金が安くなるのかを詳しく知りたい方はチェック!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.