1. ホーム
  2. スケジュール
  3. 1週間前までの準備
  4. ≫引越し前に住所変更の手続きが必要なもの【忘れがち編】

引越し前に住所変更の手続きが必要なもの【忘れがち編】

引越し予定日の2週間~1週間前になると、住所変更に伴うさまざまな手続きが必要となります。役所での手続きで言えば、『転出届』、『国民健康保険の資格喪失届』、『印鑑登録の廃止』などの手続きが必要です。


また、銀行や郵便局にも住所変更をすることを伝えなくてはいけません。しかし、役所や銀行、郵便局以外にも住所変更に伴う手続きが必要な実はたくさんあります。

手続き
以下では、それらの内で多くの人が該当して、しかも忘れがちになりやすいものをピックアップして紹介させて頂きます。それらをご覧になって、忘れているものが無いかを一度チェックしてみてくださいね。

住所変更の手続きが必要なもの

1.各種ポイントカード

ポイントカード
特に増やそうと思っているわけでも無いのに、ポイントカードはなぜか増えていきますよね。引越しはそれらを整理するタイミングでもありますが、新住所でも活用したいものは住所変更をしておかなくてはいけません。


なお、特に所有している人が多いのが、以下のショップやストアのポイントカードかと思います。
  • スーパー
  • ドラッグストア
  • 家電量販店
  • デパート
  • レストラン
  • 美容室
  • ガソリンスタンド

それらをチェックしてみて、今後も使いたいものはきちん住所変更の手続きを済ませておきましょう。

2.施設会員

スポーツクラブ
フィットネスクラブやスイミングクラブへ通っている人は、それらの変更手続きを済ませておきましょう。


なお、施設の会員ではありませんが、芸能人やアーティスとのファンクラブの会員の方は、その手続きも忘れてはいけません。

3.インターネット・通信関係

携帯電話
自宅に回線を引いている固定電話やインターネットの住所変更の手続きを忘れる方は少ないですが、モバイル端末の手続きは以外と忘れてしまうもです。


しかし、携帯電話(スマホ)やワイマックスのような端末に関しても、住所変更をきちんとしなくてはいけません。大切な情報を受け取れなくなっては困りますので、それらもきちんと済ませてください。

4.資格免許

資格免許
免許というのは何も運転免許だけではありません。その資格免許が無いと出来ないと、仕事に付いている方も多くいるはずです。


そのような場合には、住所変更をきちんとしていないと、更新手続きを連絡を受け取ることができません。

5.自動車関連

自動車
JAFと契約している場合には、住所が変わることをきちんと伝えるようにしましょう。また、ディーラーや中古車販売店からの情報を受け取りたい方は、そちらへ連絡をしなくてはいけません。

6.不動産に関するもの

マンション
マンションやアパート関連の不動産投資をしている方は、管理を委託している会社にもきちんと連絡するようにしましょう。


また、それに関して保険に加入している場合には、その担当者にも住所変更をしたことを伝えなくてはいけません。


以上が住所変更に伴い手続きが必要だけど、多くの人が忘れがちなものまとめです。手続きするものはたくさんあるかと思いますが、忘れると後々面倒ですので、気付いたときに住所変更をするようにしてくださいね。

【check!】引越し価格ガイドを実際に利用してみた

引越し価格ガイドの口コミ
無料で使える引越し業者一括見積もりサイト『引越し価格ガイド』を実際に使用した体験談です。どのくらい料金が安くなるのかを詳しく知りたい方はチェック!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.