1. ホーム
  2. スケジュール
  3. 1週間前までの準備
  4. ≫転出届けを出す@引越し前に必要な役所の手続き

転出届けを出す@引越し前に必要な役所の手続き

引越し予定日までの日数が2週間を切ると、役所での各種手続きができるようになります。そして、それらの手続きの内の1つが、現在住んでいる(旧居の)市区町村の役所へ転居届けを提出することです。

役所
その手続きの方法や必要なものについて、本ページでは紹介させて頂きます。なお、転居届けの転出が必要なのが、別の市区町村へ引越しする場合のみです。


例えば、現在の住まいも新居も東京都の世田谷区内という場合には、転居届を提出する必要はありませんので、その点は注意してくださいね。


それでは、以下で手続きの方法について詳しく解説していきます。

転居届の手続き方法と必要なもの

まず、知っていて欲しいのが、転居を届けを出すことができる期間というのは決まっているということです。その期間というのが、引越しをする日の前後14日以内となります。

カレンダー
ただし、引越し後にわざわざ昔住んでいた住所へ戻ってきて、転出届を出すというのは非常に時間がもったいない上に、バカらしいです。ですので、予定日の2週間前から1週間前までに、転居届を出されることをおすすめします。


続いて、転居届けを出すための必要書類や提出できる人については、以下のようになります。

■転居届けの提出方法
  • 届出先…現在の住まい(旧居)の市区町村役所
  • 届出人…本人または世帯主
  • 必要なもの…印鑑、本人確認をできる書類(運転免許証、健康保険証、年金手帳、在留カード、特別永住証明書など)

また、役所によっては印鑑が不要なケースもありますので、正確な情報を確認したい方は役所の窓口に事前に確認しておく方が良いでしょう。


なお、引越しの準備や仕事・学業で忙しくて、役所へ行く時間がなかなか取れないという方もいらっしゃるかはずです。そのような場合には、郵送で転出届でを受け付けてもらうこともできます。


ですが、郵送での手続きについては、必要な書類のフォーマットや提出物・提出方法が各役所に異なるため注意が必要です。そのため、もし郵送で転居届けを出したいのであれは、役所の窓口へ一度相談されるようにしてください。


転居届けを出せる期間というのは決まっているため、その日程を忘れてしまうとあとあと面倒なことになってしまいます。ですので、引越し10日前くらいには、手続きのためのスケジュールを確保しておくのがおすすめです。


それから、単身引越しをする方が、転居届けを出すの同時にやっておくと便利な役所が手続きとして、『国民健康保険の資格喪失届け』と『印鑑登録証の廃止』手続きがあります。それぞれについて詳しい手続き方法は、以下の記事で紹介中です。

国民健康保険の資格喪失届けを提出@引越しでの役所の手続き

印鑑登録を廃止を忘れずに@引越し前に必要な役所の手続き


予定を決めておかないと、まぁ後でも別に良いかという気持ちになってしまい、スケジュール的にバタバタするケースが起こり得ます。ですので、役所へ行く時間を半日くらいは確保しておきましょう。

【check!】引越し価格ガイドを実際に利用してみた

引越し価格ガイドの口コミ
無料で使える引越し業者一括見積もりサイト『引越し価格ガイド』を実際に使用した体験談です。どのくらい料金が安くなるのかを詳しく知りたい方はチェック!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.