1. ホーム
  2. スケジュール
  3. 当日にやること
  4. ≫公共料金の支払いは引越し当日にできる【電気・ガス・水道】

公共料金の支払いは引越し当日にできる【電気・ガス・水道】

引越しに伴い、さまざまサービスの住所変更や利用停止の手続きが必要となってきます。そして、それらの手続きの中でも、特に重要と言えるのが『電気・ガス・水道』とのようなインフラ関係のものでしょう。


それらは旧居では引越しする直前まで使用するものですし、もちろん新居でも住み始めるその日から利用をスタートしますからね。なお、それらの旧居での利用中止の連絡については、各サービスの提供先に事前に連絡をしなくてはいけません。

電話

使用中止を伝える時期については、次の記事で解説したように、引越し予定日の2週間~1週間前までにするべきでしょう。
引越し前の公共料金の手続き方法まとめ


ですが、使用中止を連絡してから、引越し当日までに発生した料金はどのように支払えば良いのでしょうか?


実は事前に引越しをする予定日を伝えておけば、いずれの公共サービスも当日に料金の精算にきてくれるんですね。そのため、それらの公共料金の支払いについては、当日にまとめて完了させることができます。


それぞれの料金の支払い方法は以下で解説しますので、よろしければそちらをご参考にしてください。

引越し当日の公共料金の支払い方法

1.水道

水道
水道局の職員が当日に訪問を行ない、メーターを確認し清算をてくれます。支払いが完了したら水道メーターの手前にある、バルブ(水止め栓)を閉めて、水が出ない状態にしておきましょう。

2.電気

電気料金
電力会社の作業員が当日に訪問を行い、メーターを確認し清算をしてくれます。支払いが完了したら、アンペアブレーカーのスイッチは下げておきましょう。

3.ガス

ガス火
ガス会社の作業員が当日に訪問を行い、メーターを確認し清算をしてくれます。支払が完了したら、ガスの元栓を閉めておきましょう。


以上が各種公共料金の支払い方法です。


それから、料金の支払いは基本的には現金です。せっかく、清算に来てもらったのに、現金が無くて支払いができませんというのは、マナー違反です。ですので、公共料金の支払い用のお金はきちんと用意するようにしましょう。


なお、基本的には引越し当日に清算作業を行いますが、向こうの職員・作業員のスケジュールの都合で、どうしても当日に訪問をしてもらえない場合があります。


その際には、後日に請求書が送られて支払をするか、従来の支払い方法(クレジットカード払い、銀行引き落としなど)の通り清算方法になるんですね。


ただ、後日払いになる場合には、必ずメーターの写真を撮影するようにしてください。そうしないと、料金トラブルになったときに、こちらから抗議をすることがでいませんからね。余計なトラブルを回避するためにも、メーターの写真は忘れずに残しておきましょう。

【check!】引越し価格ガイドを実際に利用してみた

引越し価格ガイドの口コミ
無料で使える引越し業者一括見積もりサイト『引越し価格ガイド』を実際に使用した体験談です。どのくらい料金が安くなるのかを詳しく知りたい方はチェック!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.