1. ホーム
  2. スケジュール
  3. 2週間前までの準備
  4. ≫【保存版】アイテム別に詳しく解説!引越しの荷造りのポイント

【保存版】アイテム別に詳しく解説!引越しの荷造りのポイント

引越しの準備で最も時間がかかるのが、運搬する物の荷造りです。どんなに荷物が少ない人でも、1日でやってしまうのは困難な作業ですので、時間を見つけて少しずつ取り組む方が良いでしょう。

引越しの荷造り
そして、この作業をする前に知っておいて欲しいのが、各アイテム別の荷造りのポイントです。なんでもかんでも、適当にダンボールに詰め込んでしまっては、準備はスムーズにできませんし、荷解きが大変なことになってしまいます。


しかし、ポイントをしっかりと把握しておけば、準備の作業をスムーズに進めることが可能です。


そこで以下では、食器・衣類・家具などのアイテム別に荷造りのコツ・ポイントを紹介します。引越しのプロなら当たり前に知っている内容ですので、ぜひ準備を始める前にはそれらをチェックしてみてくださいね。

アイテム別の梱包・荷造りのコツ

1.食器類

食器
グラスやお皿などの食器類(割れ物)を梱包するときのポイントは、それぞれが直接触れないようにすることです。食器同士がぶつかると、すぐに破損につながりますからね。


ですので、1点ずつを新聞紙やエアキャップなどの緩衝材で包んでいくようにしましょう。面倒に感じますが、割れるのを防止するためには仕方ありません。


なお、積み重ねる順番は重い物が下、軽い物が上にくるいうにしてください。そして、ダンボールに詰め終わったら、すきまや隅に丸めた新聞紙を詰めます。


そして、ダンボールのふたを閉じた後に、『割れもの』であることを明記しておきます。

割れ物注意
また、食器収納用の運搬ボックス(例:アート引越しセンターのエコ楽ボックス)を活用している業者を利用する場合には、1つずつを新聞紙包む必要はありません。


食器収納ボックスの有無と、どこまで食器の梱包が必要なのかについては、事前に業者に確認しておきましょう。

2.衣類

シャツ
衣類の荷造りのポイントですが、シワになっても靴下や下着の衣類について、畳んでどんどんダンボールに収納して問題ありません。また、運送中にホコリを付くのが嫌なら、ビニルに入れて収納をすれば良いでしょう。


気を付けなくてはいけないのが、シワを付いては困るジャケットやワンピースなどの衣類です。これについては、折り目ができるだけ少なくなるよう、縦に2つ折りにして、大きめのダンボールに入れることをおすすめします。


なお、ハンガーにかけた状態で運送ができるあ『ハンガーボックス』を採用している業者を利用する場合には、そちらを利用すれば良いでしょう。それを利用すれば、ジャケットやスーツ類も手間をかけずに運搬できるので、非常に便利です。

3.電化製品

冷蔵庫
冷蔵庫や洗濯機など大物家電製品の運搬は業者に任せるのが無難です。ただし、運搬作業をスムーズにすすめるための準備はしておきましょう。


冷蔵庫の場合には、前日までに中身を空にして電源を切り、製氷機や蒸発皿の水の処理をしておくことです。また、霜取りが必要な機種の場合には、前日までに電源を切って霜取りの作業もしなくてはいけません。


続いて、洗濯機についてはホースや本体に残っている水を、きちんと排水することが重要です※。なお、排水ホースは留め具にとめた上で、テープで固定して運搬をしやすい状態にしておきます。


※ 冷蔵庫と洗濯機のどちらもが、準備では水の処理が大切になります。各機種により処理方法は異なりますので、作業を行う前には必ず取扱い説明書で確認してください。


続いて、炊飯ジャーや電気ケトルのような小型の家電製品についてですが、こちらはエアキャップのような緩衝材で包んで、ダンボールに入れるようにします。

電気ケトル
なお、ダンボール内に家電製品が動く隙間があるなら、丸めた新聞やタオルを詰めて、しっかりと固定するようにしましょう。フタをした後は食器と同じように、『割れもの』であることを書いておきます。

4.家具(机・タンス)

タンス
テーブルやタンスなどの家具類の運搬は、基本的に業者に任せるようにします。ただし、業者の方が作業をしやすいような準備は私達でしなくてはいけません。


具体的にやることは、引き出しの中身を空っぽにしておくことです。中身を出して、また引越し後に入れるのはたしかに面倒です。


しかし、荷物が入った重い家具は運び出すのが非常に難しいですし、運搬中に引き出しが開いてしまっては事故につながる可能性もありますからね。作業する人の考えて、きちんと中身は空っぽにしておきましょう。

5.書籍・雑誌類荷造りのコツ

書籍
書籍や雑誌は、少量でも非常に重たいです。ですから、詰め込むダンボールはできるだけ小さい物を選ぶようにしましょう。大きいサイズに入れてしまうと、重たくで持ち上げることも困難ですし、ダンボールの底が抜ける可能性も高いです。


なお、ダンボール費用の削減のために、書籍や雑誌をヒモでしばって荷造りをしようとする方がしますが、それでは運搬がやりづらいです。作業員さんが引越し作業をスムーズに進めることを考えて、ダンボールに入れるようにしてください。


また、引越しを機会に書籍を売ってしまいという方もいらっしゃるかと思います。そのような場合には、無料で引き取りにきてくれる『ネットオフ』や『Vaboo(バブ―)』のような古本買取サイトを活用するのがお勧めです。

6.貴重品

銀行通帳
現金、銀行通帳、実印、宝石、キャッシュカード、クレジットカードなどの貴重品類についてですが、実はこれらは引越し業者に運搬を依頼することできせん。ですから、あなたがきちんと管理して持ち運ぶようにしましょう。


なお、貴重品類を運んではいけないというのは、『標準引越運送約款』で定められている内容です。まともな業者であれば、それに違反して作業をすることなんて出来ませんからね。


それに、黙ってダンボールに詰めて運搬させて何かが起こったとしても、それはあなたの自己責任です。ですので、問題が起こらないように、貴重品はきちんと自己管理しなくてはいけません。

7.布団・毛布

布団
布団や毛布を収納するのには、業者からもらうことができる布団袋を活用するようにしましょう。なお、業者から布団袋のサービスが無い場合にも、ホームセンターへ行けば1点1,000円程度で購入することが可能です。


さて、布団袋へ収納をするときのコツですが、まず毛布や布団を軽い物から順に重ねていくようにします。そして、重ねた上から布団袋をかけて、あとはそれをひっくり返せば完了です。


なお、クッションや緩衝材の代わりになるという理由で、ふとんの中に割れ物や電化製品を一緒に入れる方がいますが、これは絶対にやめてください。


というのは、業者さんは布団袋をそれほど丁寧には扱ってくれない可能性が高いからです。トラブルを避けるためにも、割れ物については、別にダンボ―ルを用意して詰め込み、割れ物であることを明記しておきましょう。

8.パソコンの荷造りのコツ

ノートパソコン
パソコンについては、持ち運びが可能なノートパソコンの場合には、専用のキャリングケースを用意して、自分で持ち運ぶ方が良いです。


続いて、デスクトップPCについてですが、こちらは引越し業者によって対応がさまざまですので、荷造りの方法を一度相談をするようにしてください。


自分で運搬をする場合には、エアキャップで周囲を包んだ上で、ダンボールに詰めて運搬をすれば良いでしょう。このとき、ダンボール内ですきまができないように、緩衝材やタオルは詰め込むが大切です。


なお、PCの中に搭載されているハードディスクは振動。衝撃には大変弱いものですので、万が一に備えてデータのバックアップだけはきちんと取るようにしましょう。

9.CD・DVDの荷造りのコツ

CDケース
CDやDVDはとにかくケースが割れたり、変形したりしやすいです。ですから、小さいサイズのダンボールに隙間ができないように詰め込みましょう。隙間があると、振動が起こったときに衝撃が加わり、ケースが割れる可能性が高いですからね。


そして、隙間ができたときには、必ず新聞紙やエアキャップを入れて、それを埋めるようにしてください。なお、CDやDVDが入っているダンボールにも、割れものであることを忘れずに書かなくてはいけません。

10.神棚・仏壇の荷造りのコツ

神棚
神棚や仏壇については、どのように荷造りをするかを悩まれる方が多いかと思います。これらの輸送については、業者に任せても、自分で行ってもどちらでも構いません。人に触られるのが嫌という方は、自分で運搬をすれば良いでしょう。


ただし、位牌については大切なものですから、ご自身で持ち運ぶことをお勧めします。その際には、風呂敷を活用してそこに位牌を包んで運ぶのが一般的です。


また、小さい仏具については、丁寧に梱包した上で箱に詰め込むようにしましょう。なお、信仰上の理由で運び方が決まっているという方は、今回お伝えした内容では泣く、そちらの方を優先するようにしてください。

11.植木鉢・観葉植物の荷造りのコツ

観葉植物
植木鉢や観葉植物については、鉢の部分を新聞紙でしっかりと包んで、葉の部分はビニル袋(ポリ袋)をかぶせるようにします。


また、土の部分に大量の水を含んでいると、運搬中に漏れ出す可能性があるため、前日の水やりは少し控えめにする方が良いでしょう。


なお、植木鉢をダンボールに入れるかどうかについては、業者さんの指示に従うようにしてください。もし、ダンボールに入れる場合には、上に物をのせられないようにフタを開けて置く方が良いです。


以上がアイテム別の荷造りのポイントです。


全てを一度に把握するのは、難しいかと思いますので、よろしければこちらのページを、ブックマーク登録やお気に入りに追加をして、各アイテムを荷造りする際に確認するようにしてください。

【check!】引越し価格ガイドを実際に利用してみた

引越し価格ガイドの口コミ
無料で使える引越し業者一括見積もりサイト『引越し価格ガイド』を実際に使用した体験談です。どのくらい料金が安くなるのかを詳しく知りたい方はチェック!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.