1. ホーム
  2. スケジュール
  3. 2週間前までの準備
  4. ≫上手な家具のレイアウトのポイント@引越し前に知っておきたい

上手な家具のレイアウトのポイント@引越し前に知っておきたい

新居の下見を完了して、新しく買う家具をピックアップしたら、次に決めなくてはいけないのが、それをどのようにレイアウトするかです。


家具をどう配置するかで、部屋の見た目の印象や感じる広さは大きく変わってきます。そのため、快適な暮らしのために、きちんと考えてレイアウトしたいものです。

部屋のプラン
特に単身者の場合には、間取りが1DKや1LDKのため家具をどう置くか悩んでいる方が多いと思います。レイアウトを失敗してしまうと、部屋が狭く感じるだけでなく、生活そのものがやりづらくなってしまいますからね。


また、一度置く場所を決めると、なかなか移動することができないため、余計に最初の配置が重要です。


そこで、以下では家具をレイアウトする際に必ずしておきたい7つのポイントを紹介します。どれも簡単な内容ですが、実践するとしないとでは、住み心地が全く変わってきますので、ぜひチェックしてくださいね。

家具のレイアウトの7つのポイント

1.家具はできるだけ背の低い物を選ぶ

棚
背の高い家具は、見る人に圧迫感を与えます。部屋自体が広ければ大きな問題に感じませんが、それほど大きくない間取りでは、窮屈に感じて落ち着きません。


そのため、家具が縦に背が高いタイプよりも、背が引く幅広タイプを活用するのがおすすめです。

2.家具の色は統一する

色
家具の色を統一するときのメリットは、部屋全体がシンプルに見えて、スッキリ感が向上することです。そのため、見る人に落ち着いた印象を与えるのにつながります。


なお、何色に統一するかについてですが、できれば壁紙の色に近い色にするのがおすすめです。例えば、壁紙が白系なら、家具はそれに近いベージュやアイボリーにするのが良いでしょう。そうすれば、全体的により統一感を出すことができます。

3.鏡を有効活用する

鏡
部屋を広く見せるためのテクニックとしてお勧めしたいのが、全身が見えるタイプ鏡(姿見ミラー)を置くことです。


大きな鏡を置けば、部屋の向かい合う面が鏡に映しだされるため、部屋がより広く感じます。また、窓が大きい部屋であれば、外の景色が映り込むように配置するのもおすすめです。

4.背の高い家具は部屋の入り口に置く

部屋の入り口
ポイント1として、『できるだけ背の低いものを活用すること』をお伝えしましたが、背の高い家具を使いたい方も当然いるはずです。


その場合には、部屋の入り口付近に背の高い物をレイアウトするようにしましょう。部屋の入口付近というのは、入り口から見ると死角になるため、外から見ると部屋全体が広く感じますからね。


どうしても、縦長の家具を配置したい方は、このテクニックを上手く利用してください。

5.床が見える家具を活用する

椅子
ショールームなどでよく使われるテクニックですが、部屋の床がたくさん見える方がその部屋は広く感じます。ですので、家具を選ぶときに、可能であれば床が見えるタイプの物を選びましょう。


例えば、椅子やテーブルを使うのであれば、足が細くて床がたくさん見える物がおすすめです。また、家具はできるだけ壁際に配置して、見えない部分(デッドスペース)を無くすようにしてください。

6.家具のサイズをそろえる

家具の高さ
チェストや本棚を横に並べて使う場合には、できるだけサイズ(背の高さや奥行き)を揃える方が良いです。高さが奥行きが揃っていると、スッキリとした印象を与えられますからね。


家具の配置がデコボコしていると、なんだかゴチャゴチャとして、見た目的にもよろしくありません。

7.同線上に物を置かない

部屋を歩く
最後は使いやすさの視点からのポイントですが、人が動く動線上には家具は配置してはいけません。快適に生活するためには、見た目だけでなく機能性も重要ですからね。


普段の生活で歩くルートを考えて、そこには家具をレイアウトしないようにしましょう。


以上が家具を上手にレイアウトするときのポイントです。


紹介した7つのポイントはどれも簡単に実践できる内容ばかりですので、タンスや本棚、ベッドなどを配置を考える際にはご参考にしてください。

【check!】引越し価格ガイドを実際に利用してみた

引越し価格ガイドの口コミ
無料で使える引越し業者一括見積もりサイト『引越し価格ガイド』を実際に使用した体験談です。どのくらい料金が安くなるのかを詳しく知りたい方はチェック!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.